FIRST TRIP初めての海

初めて海に行くときに気をつけたいこと
はやる気持ちはわかりますけどね

自分にあった波で練習しよう

サーフィンの基本は岸まで乗ること

まず、サーフィンの基本について少しだけ考えてみましょう。
それは、ショートボードでもロングボードでも、ボードに乗って岸までたどり着くことです。
ロングボードの様々なマニューバ(技・テクニック)はロングボードで岸まで乗り継ぐために発展してきました。 もちろん、魅せるためのテクニックもありますが、基本は岸までより長く波を乗り継いでいくためのテクニックです。

実際コンテストにおいても、プロサーファーは必ずといっていいほどインサイドぎりぎりまでライディングします。 どんなに上手にノーズライドを決めようが、カットバックがびしっときまろうが、岸まで綺麗に乗り継げるほうが上手いなぁと感じます。

自分に合った波を見つけるというのは、最後まで落ち着いて乗ることができる波を見つけるということでもあります。

今のレベルに合った波を探しだそう

自分にあった波の絶対条件は、恐怖感が少ないことです。
怖くないってことは、余裕がある。

余裕があるってことは、落ち着いて考えることができる。
落ち着いて考えることが出来れば、練習の質を上げることができるからです。
無理に大きな波に乗ろうとして、焦ってジタバタするよりも、落ち着いてテイクオフできる波を探しだして、自分の動作を一つ一つ確認したほうが上達は早いはず。

波の探し方

もし初めての海なら、とにかく足のつくところより沖には行かないことです。
歩いて岸まで戻って来ることのできる場所をしっかり把握してそこで練習しましょう。

もしテイクオフが出来るようになっていたら、インサイドから順番に波に乗ってみて、たとえターンが出来なくても岸まで乗り継げるかどうかがポイントになります。
最後まで乗りつなぐことができる波を丁寧に探ってみてください。
沖まで出たら、テイクオフする波のサイズ、ブレイクする場所、波が割れる方向、いろんな事を考えながら、ひとつひとつ丁寧に波に乗ってみることです。
もし途中で落っこちてしまうようなら、少しインサイドに戻って最後まで乗り継げる波を探しましょう。

自分に合った波を見つけるのには、ある程度の経験と時間がかかります。
特に初心者ロングボーダーは、やみくもに練習するのではなく地味なところから見直して行くと
いろんなことが見えてくるはずです。

PAGE
TOP