FIRST TRIP初めての海

初めて海に行くときに気をつけたいこと
はやる気持ちはわかりますけどね

「ビギナー」から「初心者」になるためのステップ

ビギナーサーファーとは?

ビギナーとは文字の通り、サーフィンを始めたばかりのロングボーダーのことです。
海に行きだして最初のうちは誰でもビギナーです。
この段階のロングボード初心者は、パドルすることやテイクオフは出来ません。
足がつく程度の岸際で、立ったまま波をキャッチして、そのままボディーボードみたいに滑ることを目標にしてください。
ビギナーの段階では海に入ることそのものが練習です。
無理してアウトに出るようなことはしないで、焦らず、基本的なことを岸寄りの安全な場所でしっかり練習しておくことが後々役に立つはずです。
ビギナーステージのロングボード初心者が次のステージにステップアップするためには、スープの波で構わないので、波の状態をイメージできること。
「この波はこのへんでブレイクするな~」というのが予測できるようになることです。
安全のためにも、これから上達する上でも、波を予測して行動に移すことはとても重要です。

スープライダー

スープの波をキャッチして岸までコンスタントに滑っていけるようになったらスープライダーの仲間入りです。 ビギナーと同じように、海で立ったまま波待ちして、波がやってきたらスープの波に押されてボードを滑らせる。 滑っている間に余裕ができたらボードの上で立ってみる。
最初はうまく立つことができませんが、何度か練習していくうちに必ず立てるようになります。
大切なのは「立ち上がることよりも波をキャッチすること」
サーフィンは波に乗る遊びです。ボードに立ち上がることより、まずはしっかり波を捉えること。
立ち上がる動作だけなら、部屋の中でもできます。
スープの波でテイクオフができるようになったら、今度は立ったまま岸まで乗り継いでみるようにします。 重心を低くしたり、腕を広げてみたりして、全身を使ってボードから落ちないようにバランスを取ってみてください。
最後まで乗ることができるようになったら、ターンの練習です。少しでもいいので体を傾けて横に滑っていく感覚を養いましょう。何度もボードから落ちるかもしれませんが、そんなことは気にしなくて大丈夫です。落っこちた数だけ経験を積んだと思えば大丈夫!

初心者の仲間入り

ターンが出来るようになったら、いよいよビギナー脱出。
サーフィン初心者として、アウトに出てうねりから波をキャッチする段階です。
アウトに出ようとすると波も大きくなり、波を超えるだけでも苦労することが多くなります。
スープでの練習ではできたテイクオフやターンも思うようにできないことが多くなりますが、基本的な動作は岸際でのサーフィンと変わりありません。
初心者の段階までくじけずに練習することができたら、もっと気持ちいいサーフィンが待ってるので頑張って練習してくださいね

ま、この先も壁はいくらでも出てきちゃいますが。

PAGE
TOP