FIRST TRIP初めての海

初めて海に行くときに気をつけたいこと
はやる気持ちはわかりますけどね

サーフィンのルールとマナー

サーフィンにはルールとマナーを守れと良く言われます。
例えば、
やっと摑んだ波に乗ったら後ろから怒鳴られた。
たまの休みで波もそこそこいい感じ。んで、調子に乗ってじゃんじゃん乗ってたらまた怒鳴られた。

私も経験がありますが、それって一体何なのかっていうと「ルールやマナーを守れ」ってことなんですよね。たぶん。

サーフィンのルールってのは、ワンマンワンウェーブとかドロップイン禁止とか。
具体的なルールとかマナーについては少し検索すればいくらでも出てきますので、そちらを参照していただくとして、 ルールを守ればそれでいいのかって言うとちょっと違うような気もします。
それじゃ、マナーに気をつけていればそれでいいのかって言うと、それもちょっと違うような気がします。

自分以外のサーファーに気遣うことが大切

例えば、サーフィンが少しうまくなってくると、ピークに来るいい波を独占できるようになります。
ルールに則って考えると、ピーク優先。そしてワンマンワンウェーブ。&ドロップイン禁止。なので、ピークにいるサーファー以外は波に乗れないことになります。
もし、ピークにいるサーファーがそこそこできるロングボーダーだと、それ以外のサーファーは一本も波にのることができなくなってしまいます。確かにルールは守っていますが、他の人は全く楽しくありません。

元来サーフィンにルールはありません。
同じ場所にいるサーファーが同じように楽しめればそれで良かったのですが、コンテストが始まり、点数をつけるために明文化したのがルールです。
ドロップインも、ワンマンワンウェーブも、ピーク優先ルールもすべてコンテストを中心に明文化されてきた歴史があります。だからといって、コンテスト以外のサーフィンでこれらのことを守らなくてもいいということではありません。サーフィンをする上で大切なことは、その場にいる人に気遣うことだと思います。

他のサーファーの邪魔をしない

気持よく波に乗っているところに途中から割り込まれると嫌ですよね?
ライディングのライン上にサーファーが波待ちしていたら
ところが、割り込んできたのが友達だったとしたら?そんなに悪い気はしないと思います、むしろ楽しいかもしれません。同じ行動でも、感じ方は人それぞれです。でも、赤の他人に対しては基本的に邪魔をしない。それはルールやマナー以前の問題です。

人として当たり前の対応をしよう

一つだけ考えて欲しいのは、人として当たり前の対応をしてほしいなということ。

本やネットで調べたルールやマナーに頼るのではなく自分の頭で考える。

ドロップ・インされた。ドロップ・インしてしまった。
そんなこと誰にでもあるわけで、それに対していちいち怒ったりしていてもキリがありません。
ルールやマナーを大切にするのはいいことだと思います。
でもそれらを振りかざして、自分は正しいことをしている。そう考えるのはどうも滑稽に思えてしまいます。ルールやマナーはそれとして、一番大切にしてほしいことは、「他のサーファーのことを考える」これに尽きると思います。そして、邪魔をしてしまったら素直に謝る。
そうすれば、少し混雑した海の上でも笑顔で楽しめるんじゃないでしょうか。

ルールやマナーをあらためて考えてみる

まったく余計なお世話ですが私なりにサーフィンのルールとマナーを考えてみようと思います。

にっこり笑う
いい波に乗れたらニヤニヤする
いい波に乗ったあとは10分以上余韻に浸る

誰かの邪魔をしたら素直に謝る
誰が悪いとか誰が正しいとか考えない

挨拶する

以上。

単純なようですが、これができれば明文化されたルールやマナーに頼る必要はありません。
海の上では熱くならず余裕を持って遊びたいものです。
とは言え、いい波きちゃうと熱くなっちゃうんだよなぁ(・∀・)

PAGE
TOP