PADDLINGパドリング

サーフィンはパドルで始まりパドルで終わる
初心者にはなかなか難しいパドリングもコツがわかれば楽しくなる!はず!

上手な人と下手な人のパドルの違い

一生懸命パドルしてる初心者ロングボーダーの横で、スイスイ進んでいくうまいロングボーダー。
よく見ているとわかると思いますが、決して一生懸命パドルしてるわけじゃありません。

むしろパドルの回数は、初心者ロングボーダーの半分以下じゃないでしょうか。
で、問題はどこにそんな差ができてしまうのか。

実は初心者ロングボーダーのパドルと、ロングボード上級者のパドルとの間にはたいした差はありません。
同じように、水をかいてるかぎり腕から得られる推進力はほぼ同じなのです。

同じなはずなのにどうしてこんなに差がついてしまうのか。
それは、初心者ロングボーダーがバランスを崩してしまっているから。
決して腕力や、ボードの性能じゃないってこと。

無意識にバランスを取れるかどうか

うまいサーファーは、ボードに乗った瞬間に上手くバランスが取れる位置に身体をセットすることができます。たぶんそんなに意識していないんじゃないでしょうか。その証拠に、自分のボードだけじゃなく、初めて乗るボードでも同じようにバランスを取って、軽々とパドリングしていきます。
それだけ経験を積んでいるってことなんですが、無意識のレベルまでになるには相当な時間や元々の運動神経がものを言います。

初心者ロングボーダーがそのレベルまで追い付くには、まずは自分のバランスの悪さに気づくこと。
ただね、厄介なことにボードの上でのバランスなんて自分ではなかなか気づかないんですよね。
そことこに早く気づいて練習すれば、パドルは今よりもっと楽ちんになるはずです。

バランスを取るためには、何度も何度も書いていますが、ボードのセンターをキープすること。
これに尽きます。
ボードにまたがってパドルの姿勢を取ったら、さっさと漕ぎだすんじゃなくて「ちゃんと真ん中に乗れてるかな?」と確認する習慣をつけるようにするといいかもしれませんね。

もしどうしても自分じゃよくわからない時は、誰かに見てもらうのもいいし、岸から自分に向けてビデオをセットするのもいいと思います。
それも難しいようだったらサーフィンスクールなどに参加してみるのもいいかもしれませんね。

PAGE
TOP