PADDLINGパドリング

サーフィンはパドルで始まりパドルで終わる
初心者にはなかなか難しいパドリングもコツがわかれば楽しくなる!はず!

17分からはじめる効率のいいパドリング

パドルでわかるレベルの差

海でうまいなぁと思う人は、たいていパドルもスムーズ。
テイクオフの時もゲッティングの時も無駄な力が入っていないように思います。
特にテイクオフの時のパドルでその差は歴然。
くるっとボードを返して、スイスイすいーっと乗ってっちゃいます。
あんたの手は水かきついてんのかい!?
っていうくらいスムーズ。
なんせちょこっと水をかきわけるだけでスイスイすいーッとボードが走っていっちゃいますからね。
疲れません。

さて、さほどうまくないロングボーダーのほうは、かいてもかいても前に進みません。
かいてもかいても進まないのでチカラに頼ることになっちゃいます。
んもー、「おりゃー」って感じのパドリングがその証拠。
効率とかそんなことよりとにかく回数でかせぐ感じです。
結果、二時間もすればヘトヘト。で、ストレス抱えながら上がっちゃうわけですね。

パドルの基本はボードの上でのバランス。ですが、それ以外に水をかく腕の動きも結構重要だったりします。

腰のあたりから水しぶきが上がってませんか?

うまいロングボーダーと初心者ロングボーダーの違いは「パドルの終わりに湧き上がる水しぶき」。

水しぶきっていうのはパドルの時に後ろのほうにパッシャパッシャと飛んでいくアレです。
あたかも自分の足に水をかけるような感じで飛を飛ばしちゃってる方、いますよね。

一生懸命に水をかいているのはわかりますが、効率悪いです。
回数こなす割に前に進まないのですぐに疲れます。

んで、何をどうすれば自分の足に水をかけないですむのか。
それは、パドルの時にどれだけ前に腕を伸ばせるかにかかってきます。

そこで、時計の文字盤を思い浮かべて欲しいのですが。
ボードのラインが15分から45分までのあいだとして、飛沫を上げてしまう初心者の場合、パドルスタートの腕の位置が30分前後になっている人が多いようです。
一回のストロークが30分から45分まで、つまりパドル終了の位置がボードのところまで来ちゃってるから飛沫が上がっちゃうわけです。

対してスムーズサーファーの場合、パドル開始は17分くらい。
一回のストロークは17分から35分程度まで。

ここで考えて欲しいのは、なんのためにパドルしているのかということ。
それは前に進むためですよね。
前に進むということは、水を後ろに押し出すようにしなくちゃいけないんです。
ところが、30分を過ぎてから水をかいても、その水は後ろには行かずに上に行ってしまいます。
時計の文字盤を見ながら、考えてみるとわかりやすいと思うんですが、効率良く前に進みたかったらパドルスタートは17分頃から始めるといいです。
腕をググっと前に伸ばして引き寄せる感じ。
これだけでかなり違うはずですので是非試してみてくださいね。

PAGE
TOP