PADDLINGパドリング

パドリングの基本

最初の壁パドリング

サーフィンをはじめたての頃は、ボードに乗って浮かんでいるだけでも大変で、すぐに落っこちちゃいます。 だんだん慣れてくると、落ちることも少なくなってきますが、次の課題が「前に進まない」。 漕いでも漕いでも全然前に進まない。ようやく進んだところに沖から波がやってきてまた岸まで戻されちゃったりして・・・
腕も疲れ果て、その日は一日クタクタ。波に乗るどころか、ボードに乗ることもままならないうちに帰る時間に・・・というようなことは、どんなサーファーでも経験していることかもしれませんね。
帰り道、「自分には腕のチカラが足りないんじゃないか」とか、「もう少し持久力があれば沖までいけるのに」とか考えちゃうことも多いんですけど。それは間違い。

んじゃ一体何がいけないのか。

パドリングの基本はボードが揺れないように水をかくこと。

一度海で試して欲しいのですが、静かに水面に浮いているサーフボードは、指一本で軽く押すだけで水面を滑っていきます。

ところがサーファーが乗って、水をかく動作をすることでボード自体がグラグラ動いてしまいます。
ボードが動くと一部分が水の中に沈んでしまい、沈んだ部分は水の抵抗を受けて、ボードが前に進む際のブレーキになってしまいます。
ブレーキがかかったままの状態ではいくら力強く水をかいても前に進むことが難しくなってきます。
パドリングで大切なことは、正しい位置に身体をセットして、ボードを揺らさないように水をかくことです。

ボードのどの部分に身体をセットするか

まず最初に覚えておいて欲しいのは、「ボードの真ん中に乗る」ということ。
左右の真ん中はもちろん、前後の真ん中をしっかり捉えるようにしてください。
センターをしっかり捉えることで、ボードの一部が最初から沈んでしまうことを防ぐことができます。

最初からどこかが沈んだボードというのは、タイヤの空気が抜けた自転車と同じです。パンクした自転車を一生懸命漕いでも足が疲れるだけですよね。
こいでもこいでも前に進まない時は必ずボードのどこかが沈んでしまっていると考えて間違いありません。
まずはパンクした状態を直してから水をかく。それだけでボードの進み方が違ってくるはずです。

静かに水をかく

水をかくときの動作は、腕だけが動いている状態が理想的。
がむしゃらに水をかくと、ボードが揺れてしまって前に進みづらくなってしまいます。
手のひらは少し開いた状態。
ちょうどグレープフルーツをつかむような感じです。
指をぴったり閉じたほうが効率が良いように感じますが、実際は少し開いたほうが水を動かす力は強くなります。
最初はゆっくりで構わないので、ボードが動かないように動かないように心がけてパドリングしてみてください。

パドリングの姿勢

大きく胸を反らせる必要はありませんが、せめて首だけは持ち上げて前を見るような姿勢がいいと思います。 そのうち背筋がついてきて、胸を反らせる動作が楽になります。
ただ、パドリングの時は少しでも遠くの波を見ることができたほうが何かと便利。
沖から来る波もよく見えるし、波に乗ってくるサーファーを見ることもできます。

PAGE
TOP