GETTING OUTゲティングアウト

波を越えていくテクニック

ボードに乗って沖に出るためには、押し寄せてくる波を越える必要があります。そのためのテクニックがゲッティングアウトと呼ばれる波のパワーを受けないテクニック。

ゲッティングアウトの基本は 楽に波を越えることにあります。ですが、本来波のパワーを受けやすく作られているロングボード。なみに向かってまともにぶつかっていくと必ず岸に押し戻されてしまいます。波に押し返されないようにするには

「波の来ないところを選ぶこと」

「波のパワーを逃してやること」

この2つが大切になってきます。

波の来ないところをよく観察しよう

ゲッティングアウトで体力を使い果たす前に必要なことは、海に入る前も海に入ってからも波のこないとこを探すことです。少々波数が多くても波がブレイクしづらいスポットが必ず存在します。まずは岸からじっくり海を観察して、ブレイクのすき間を探してみましょう。そしてすき間が見つかったらそのスポットをよく覚えておいて、海に入ってからも自分が狙った通りのスポットに向かっているかどうかを確認し続けましょう。

ゲッティングアウトの難しそうなコンディションでは、横方向の流れが生じていることも多々あります。せっかく見つけたブレイクのすき間も、しっかり観察し続けなければ思ったとおりのコースでアウトに出ることは困難になってしまいます。波をしっかり観察していれば一度も波をかぶることなく沖に出ることが可能です。簡単にアウトに出ることができればそれだけテイクオフのために体力を使うことができます。

ですが、いくら観察して良いコースを進んでも、最初のうちは波に直面することも多々あります。

そんな時はためらわずに波を越える動作をスタートしてください。

波の上を越えるか下をくぐるか

波に直面した時のゲッティングアウトには、波の上を越えるか、波の下をくぐるかの2つの方法しかありません。波の上を越えていく方法は「プッシングスルー」と「シッティングスルー」。下をくぐる方法は「ローリングスルー」と「ドルフィンスルー」などが代表的です。

ただ、波の下をくぐるやり方はかなり体力を使うので、私はまったくやりません。そこまで大きな波にのることが少ないということもありますが、浮力のあるロングボードを沈めるのはあまり効率よくないと考えていますので、ここでは波の上を越える手段だけ説明しておきます。

ボードと身体の間に波を通す「プッシングスルー」

ひとつめのプッシングスルーは、もっとも簡単なウェーブスルーの方法で、「プッシングスルー」と呼ばれています。

波を被りそうなときに、両腕で身体を持ち上げて身体とボードの間のすき間にスープを通すことで波をやり過ごすテクニックです。

コツは身体を確実に持ち上げること。中途半端に腕を立てると、すき間が出来ずにそのまま波をかぶって押し戻されてしまいます。プッシングスルーのいいところは、波を通したあとにすぐにパドルを再開できることです。海で一番多用するのもこのプッシングスルーです。ただ、サイズの大きな波に対応するのはかなり難しく、コシハラまでの小波専用スルーだと考えておいたほうがいいかもしれません。ムネカタ以上の波に直面した場合は次に説明する「シッティングスルー」のほうを試してください。

ボードごと波を越える「シッティングスルー」

サイズのある波でも比較的簡単に波を越えることができるテクニックが「シッティングスルー」です。文字通りボードにまたがったまま波を越えていくのですが、プッシングスルーと比べるとタイミングと動作が複雑になってきますので、最初は小さめの波で練習したほうがいいかもしれません。

目の前の波がブレイクしそうになったら、ボードにまたがりノーズを持ち上げます。

波がブレイクし始めたらテールを沈めつつボードをさらに持ち上げてスープをボードの裏側にヒットさせます。ヒットしたらすかさず手を離してボードが波の上を飛び越えるように浮かせます。飛び出すボードを途中で掴み、身体がボードから離れないようにパドリングの体勢を整えます。

文章で説明するのはなかなか難しいのですが、要はボードの浮力で水から飛び出すように波を越えていくのがシッティングスルーのコツです。タイミングもなかなか難しく、なれるまではまともに波を食らってしまうことも多いのですが、これをマスターできると越えられる波のバリエーションが増えるので頑張って練習してみてください。

ゲッティングアウトのコツは90%が波の観察力

ボリュームのあるロングボードでは、ショートボードのようなドルフィンスルーを行うことが困難です。 ですが、しっかり波を見てブレイクのすき間を縫っていくようにすれば、波をかぶらずにアウトに出ることは難しいことではありません。

海に入る前も、入ってからも、パドルをしながらも、波のこないところを観察しながらアウトに向かうことが何より大切です。

ネットでこんな記事を見つけたので参考にしてみてください。

「ダックダイブ不要論 ボードの浮力重要説」
http://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/60851
もし、どうしても越えられないコンディションの場合は、そのコンディションではサーフィンしない方がいい。というメッセージなのかもしれませんね
そんな時に無理をしたら確実に痛い目に会いますので、諦めて他のポイントに移動したほうが楽しめるような気がします。

PAGE
TOP