TAKE OFFテイクオフ

波と調和した結果がテイクオフになる

テイクオフの基本は「乗れる波を見極める」ことと「波を捉える動作を極める」ことの2つ。
動作は完璧でも乗れない波を選んでいないと波に置いて行かれるか、パーリングしてしまう。

逆に選んだ波が良ければ、特に何もしなくてもボードは前に押し出される。

ただ単に波が来たからパドルしたっていうだけでは、一生かかっても波にのることはできない。
波を見極める「観察力」と、波に合わせる「技術」
この2つが組み合わさって初めてボードは波の上を滑っていく。

まずはボードがどのような状態になったら波の上を滑っていくのかを考えよう。
理想の状態にどれだけ近づけるかがきれいなテイクオフを生み出すコツなのだ。

ポジショニング

テイクオフで大切なことの一つに波待ちのポジショニングがある
テイクオフできるかどうかは、どこで波を待つのかによって半分以上決まってしまうと思って間違いない。 うねりからのテイクオフに慣れないうちは、上手なサーファーのすぐそばまで行ってみるといい。 同じに波に乗ろうとするのはあまり歓迎されないが、一言挨拶して言葉を交わすことができれば、もしかしたらいいアドバイスをもらえるかもしれない。
他のサーファーの近くに行くのがためらわれるようだったら、海に入る前に波をよく観察すること。
波がどこでブレイクしているのか?
ブレイクしている波はすぐに終わってしまっていないか?
うねりの向きとブレイクするスポットはずれていないか?
波を観察しながら納得行くまで考えて、それから海に入っても遅くはない。

パドリング

上手なサーファーほど無駄なパドリングをしない。
かなりアウトから波を追いかけてテイクオフするサーファーがいても、乗れるサーファーもいればまったく乗れないサーファーもいる。
上手なサーファーがアウトからパドルしてくる理由は波を追いかけているわけじゃない。
波に乗れるスポットまで全力で移動しているだけ。
つまどのスポットで波に乗れるかわかっているということ。
わかっているからそのスポットまで全力でパドルしているわけで、テイクオフできるスポットまで移動したらパドルをやめることもある。基本的にはパドルの回数は少なければ少ないほど無駄のないきれいなサーフィンが可能になる。
一回だけ水をかいて波に乗れるサーファーと、一生懸命波を追いかけてもまったく乗れないサーファーの違いをよく考えてみるといい。

テイクオフはいきなり上手くなるわけじゃない

と、ここまで堅苦しく書いてしまいましたが、テイクオフができなきゃサーフィンにはなりませんよね。
テイクオフは何はともあれキャッチザウェーブってことです。
波を掴まえなきゃサーフィンになりません。
波を効率よく捉えられるかどうかで、サーフィンそのものが変わってしまうので、ホントはもっと大切にして欲しいナーと思うのですが、スクールに来ていただくお客様の中には

「一生懸命パドルすれば波に乗れるはず!だから今使ってるボードが悪いんだ、きっと。ん?それともパドル力が足りないってこと?じゃ筋トレ?いいよやっちゃうよ~!」

という方も大勢いらっしゃいます。
確かにボードによってテイクオフの感じはだいぶ違いますが、逆にまったく乗れないボードっていうのはなかなかありません。
ごくごくまれ~に「何じゃこりゃ?」っていうボードもあるんですが、今まで200名以上のお客様のボードの中でもそういうボードは2本くらいでした。なのでテイクオフがうまくいかないのはボードのせいじゃありません。
あとパドル力信仰。これも捨てたほうがいいです。
じゃなきゃ子供が波に乗れる理由がなくなっちゃいますもん。
パドル力なんて、10回連続で軽く水をかければ十分です。

なのでパドル力が足りないってのも大きな誤解です。
いくら漕いでも波に乗れないのは、観察力不足と技術不足。決して道具のせいや、体力不足じゃないってことをわかってほしいな~と思います。
理想のテイクオフを頭のなかに描いて、波をじっくり観察して、ネチネチ練習するとテイクオフは必ずうまくなります。

PAGE
TOP