BOTTOM TURNボトムターン

横に行ければもっと長く波に乗って乗れる

テイクオフが出来るようになったら、波を横切るように滑って行きたい。 そのために必要なのが「ボトムターン」というテクニック。テイクオフで走りだしたボードを横に向けるのは、重心の移動と視線の移動。きれいでムダのないボトムターンは、タイミングとサーファーのアクションがうまく噛み合った時に可能になります。まずはテイクオフ直後の視線を横に向けることから始めてみましょう。

滑り出したらボードを見るのをやめよう

ボトムターンをうまくやるにはテイクオフの段階から視線を進行方向に向けておく必要があります。ボードに立ち上がる瞬間の不安な気持ちもわかりますが、ボードを見つめ続けているといつまでたっても横には行けません。特に初心者の場合はテイクオフで立ち上がってからも視線は下を向きがち。

それを矯正するには、無理矢理にでも視線を上げていくことを練習しなければいけません。

ただ、どうしてもテイクオフの途中で視線を意識することが難しい場合、テイクオフに何らかの問題を抱えていることがほとんどなので、もう一度テイクオフを見直すことが大切だと思います。

テイクオフの途中から進行方向を意識できるようになったら、次に意識するのはボードのテール部分の使い方です。

ボードはテールを中心に回る

ターンをするためにはボードが動くメカニズムを知っておく必要があります。

ボリュームのあるロングボードはボードの真ん中を踏みこまなければ動きません。

試しに水に浮かべただけのボードを動かしてみるとわかりますが、ボードの真中部分を掴んで回転させるのと、テール部分を掴んでフィンを中心に動かしてみるのとでは、まったく違った動きになるはずです。ロングボードをコントロールするにはテールを中心にボードを回転させるということを頭に入れておいてください。ショートボードのようにテール部分をスライドさせるのは至難の業なのです。テールを踏んでコントロールするためには視線を上げながら後ろ足でテールを踏む動作が必要になってきます。

テイクオフでの後ろ足をそのまま残し続ける

ボトムターンの動作はテイクオフからつながっています。テイクオフの際に前足を胸に引きつけ、ゆっくり立ち上がります。もちろん視線は進行方向に向けたまま。その際の後ろ足はすでにテール部分を踏み込みはじめていなければいけません。上体を起こしつつも後ろ足に加重していくことが大切です。はじめのうちはバランスを保つのが難しいかもしれませんが、上体が前のめりにならないようにこころがけてください。慣れてくればそれほど力を込めなくてもテールを踏み込むことができるようになりますが、最初のうちは思ったように曲がってくれないかもしれません。

もし、思ったようにターンできない場合は、上半身がボードに覆いかぶさるようになっていないか、視線が下を向いていないかをチェックするようにしてください。

それと、ボトムターンの動作はテイクオフの段階から始まっていることを意識するのもとても大切だと思います。

PAGE
TOP