CUT BACKカットバック

カットバックはロングライドのテクニック

カットバックというのは、波のパワーゾーンを行き過ぎた時にもう一度ブレイクスポットまで戻るターンのこと。カットバックができるかどうかでロングライドできるかどうかが決まってくるわけですね。ロングライドできるってことは、後々ウォーキング~ノーズライドまでのタイミングをつかみやすくなるってことでもあります。

テールを踏んでボードを傾けよう

カットバックのやり方は、プルアウトと同じようにボードのテール部分に足をずらすことから始まります。テールを踏んで曲がりたい方向に上半身を向けるとボードは曲がっていきますが、プルアウトと違うのは踏み込むテールの位置。

プルアウトの場合はボードの波側に足を置くのに対して、カットバックの場合は反対の岸寄りの方に足を置きます。岸寄りに足をセットしたあとは、膝を大きく曲げてすぐに上半身をひねり岸の方を見るように。少々不安定な姿勢になるので、このへんの動作は陸で練習しておいたほうがいいかもしれませんね。

さて、動作自体は単純なのですがカットバックもタイミングを逃すとまったく曲がってくれません。

カットバックもタイミングが重要

カットバックが苦手なサーファーを見ていると、アクションを起こすタイミングが遅い場合がほとんどです。プルアウト同様、波のショルダーに出すぎてしまってからカットバックしようとしても、ボードはなかなか曲がってくれません。そんな時は自分が考えているより少し早めにアクションを起こしましょう。波のパワーゾーンを完全に外してしまうと、それだけ失速するタイミングに近くなってしまいターンの動作を大きくしないとボードはうまく曲がってくれません。

特に重めのボードに乗っている場合は、アクションを起こしてからボードが実際に動き出すまでに少しタイムラグがあります。波のコンディションにもよりますが、最初はボトムターンが終わったらすぐにカットバックの体勢に入るくらいがちょうどいいかもしれませんね。 早めにアクションを起こせば、波の力を受けてそれだけ楽にボードを動かすことができる、ということを頭に入れておいてください。

かかとに加重するのは意外と難しいのだ

カットバックについて簡単に説明してきましたが、最後にもう一つだけカットバックのコツを。

カットバックもプルアウトよりも重心の移動が重要になってきます、初心者にありがちな上半身が前のめりになっている状態では全くと言っていいほどボードは傾いていきません。

カットバックの動作はかかとに力を入れられるかどうかがポイント。

ところが前のめりの姿勢では、つま先ばかりに力が入ってしまいます。カットバックの時には大きく上半身を開いて膝を落とすような姿勢にならないと、かかとに力を入れる際にバランスを崩しやすくなるのです。

部屋の中で試してみるとわかるのですが、直立した状態でつま先立ちするのは簡単にできても、つま先を上げてかかとだけで立とうとするととたんにバランスを崩してしまいます。かかとだけでバランスを取って立ち続けるのはかなり難しいので、足を大きく開いて重心を低く保つことが重要になってくるのです。

カットバックができれば波を乗り継ぐのもかんたんなのだ

さて、カットバックが思うようにできるようになったら、波のパワーソーンを大きく外すことが少なくなってきます。自分で思うようにボードをコントロールして、波のいいところを捉えることができるようになれば、ノーズライディングなどのタイミングもつかみやすくなります。

ボトムターン~カットバックがスムーズにできるようになると、波を最後まで乗り継ぐことが簡単にできるようになるはずです。肩の力を抜いて、冷静に練習すれば必ず上達しますので、頑張って練習してくださいね。

PAGE
TOP