WALKINGウォーキング

ロングボードならではのテクニック
静かに華麗に歩くければノーズまでの距離がぐっと近くなる

歩けない時はテイクオフから見なおしてみよう

ウォーキングをはじめてもまったくうまくいかない場合があります。歩き始めた途端にワイプアウトしてしまったり、ようやく脚を踏み出すことができても急に失速してしまったり。

うまいサーファーを見ていると難なく歩いているように見えるので、自分にも簡単にできるのかなぁと思ってやってみてもなぜかうまくいかない。スクールを通じてお客様を観察していると二通りの方がいらっしゃるようです。初心者を脱出したてのお客様に多いのが「テイクオフから見なおしたほうがいい場合」。ある程度ボードコントロールができているのに、どうしても歩けないお客様に多いのが「ただ単純に歩くことに慣れていない場合」。後者の「歩くことに慣れていない」方は少数派で、ほとんどの方はボードコントロールがうまくできないままウォーキングを始めてしまって失敗しています。

自分がどちらのパターンなのか、まずはその見極めから行いましょう。

ボードをセットできるかどうかが大切。なんだけど・・・

歩き出すとボードが失速してしまう。もしくはボードから落ちそうになる。

こういう場合は、ウォーキングに適したスポットにボードをセットすることができていません。

ウォーキングする位置までボードをセットするにはターンやカットバックを使ってボードをコントロールしていくのですが、その前提としてウォーキングに適したスポットがどこにあるのかを理解している必要があります。

ここで問題になってくるのが、ウォーキングに適したスポットがよくわからないまま歩いてしまうこと。自分ではうまくコントロールして歩いているつもりが、どうもスピードがついていかず、連続したターンだけのゆったりしたサーフィンになってしまう。こんな場合はウォーキングに適したスポットから離れたところでターン・カットバックで波を乗りつないでいる可能性が大です。

逆に、進行方向に向かって「もっと早く抜けたい」「カットバックしたら横に滑って行かなくなる」そういう場面をコンスタントに感じることができている場合は、単純に脚を踏み出すことに慣れていないだけです。

さて、あなたはどちらでしょうか?

テイクオフで見直したい2つのテクニック

ショルダーから少し離れたところを滑っていってしまう場合は、ターンやカットバックを使ってもなかなかいいスポットにボードをセットすることができません。そんなときは思い切ってテイクオフから見なおしてみることをおすすめします。

まず見なおしたいのは、少しだけ立ち上がるタイミングを遅くしてみるということ。ほんの一呼吸だけテイクオフを遅くすることによって、波のブレイクをボードのテール付近で感じることができるようになります。ウォーキングに適したスポットはブレイクのすぐ近くのショルダーにあるので、うまく行けばボトムターン直後からウォーキングすることが可能になります。最初は波に捕まってそのまま岸までまっすぐ滑ってしまうことも多いですが、何度も繰り返していればスープをかぶる寸前でボトムターンすることに慣れるはずです。

テイクオフのタイミングを遅くすることができるようになったら、もう一つだけチャレンジしてほしいことがあります。それは「フェイドテイクオフ」というテクニックです。

フェイドテイクオフとは、あらかじめ予定している進行方向とは逆にノーズを向けて、大きな弧を描くようにしてボトムターンするテクニックです。このテクニックを使うと単純にテイクオフを遅くした場合よりも、タイミングを掴む余裕を増やすことができます。波を観察しながらターンができるので、ブレイクが遅い波の場合はボトムターンのスピードを調整すれば良いスポットにセットすることも容易になります。視線とは逆にノーズを向けている状態というのはなかなか難しいですが、ウォーキングに長けたサーファーを見ていると、たいていはこのテクニックを使っていることが多いようです。

ウォーキングのタイミングは待っていてもやってこない

ウォーキングのタイミングというのは待っているだけではやって来ません。少しでも安定したウォーキングのためには、いち早く波を捉えてより長く波に乗っている必要があります。波に乗りながらどこに良いスポットが出来るのかを探っていかなければ、いつまでたっても歩くたびに失速してしまう事になります。今までさっさと通り過ぎていたセクションに、絶好のウォーキングスポットが隠れていたということもありますので、まずはテイクオフをしっかりみなおして、より長く波に乗れるようにすることが、ウォーキングマスターへの近道だと思いますよ!

PAGE
TOP