WALKINGウォーキング

ボードの上を歩く理由

ロングボードを加速させるためのテクニックが「ウォーキング」。波のカールにボードをセットしてブレイク寸前の波の上を滑り抜けていくために必要不可欠なのがウォーキングです。

ボードを加速させるテクニックはウォーキングの他にも「アップ&ダウン」などがありますが、クラシカルなロングボードらしいテクニックといえばウォーキングによる加速なのではと思います。ウォーキングでボードが加速する理由は、ボードの後ろに効率よく波のパワーを受けることができるためです。ウォーキングによってボードの前半分に移動すると、ボードの波を受ける部分が後ろ側に広がります。広がった部分は、テール寄りに乗る時の倍以上の広さで波を受けることになり、結果としてボードが加速していく。ということが言えます。

ウォーキングのやり方は、足を交差させて歩く「クロスステップ」と、すり足で歩く「シャッフル」がありますが、見た目がきれいで重心の移動が穏やかなのはなんといっても「クロスステップ」。足を交差させて歩く動作というのは日常生活ではあまりない動作なので最初は戸惑うかもしれませんが、いくつかのポイントを押さえて練習すれば誰でもマスターできますので、ぜひチャレンジしてみてください。

クロスステップは階段を降りるときをイメージする

クロスステップでウォーキングする際に大切なことは「重心を後ろ足に置き続けること」。陸上で歩くときは前足に重心を移動しながら歩くことがほとんだと思いますが、クロスステップでのウォーキングの場合は重心をうしろに保ったまま足を出していくことが大切です。ウォーキングはあくまでもボードのスピードを調整するために行います。加速したいときにはボードの前よりに移動しますが、スピードがつきすぎた場合は、元の位置に戻る必要があります。

ウォーキングすることでどうしても失速してしまう原因は、スピードがつきすぎていることがほとんどです。加速し過ぎてしまう原因は前足に重心をおいてしまっていることが多いのです。ボードの前の方に重心を置くとその分ボード、の後ろ側に多くの波があたりさらに加速していきます。加速しすぎるのを防止するには、ウォーキングの途中でも適度にブレーキを掛けてやる必要があります。

このときの身体の使い方は階段を降りるときの動作によく似ています。特に急な階段では前足に体重を載せてしまうと一気に駆け下りる必要が出てきてしまいます。ロングボードのウォーキングではそれほど急いで歩く必要はありません。ゆっくり階段を降りるように歩いてみると、安定したウォーキングがマスターできます。

まずは「一歩だけ」踏み出してみよう

いざウォーキングの練習を始めてみると、自分が思ったように歩けないことがほとんどです。自分の足を踏んづけてしまったりして、歩く途中で足がもつれてしまうことも多く見られます。うまくいかない理由は、いきなり「2歩」歩いてしまっているからです。安定した地面では連続して歩いても地面の状況が変わることはほとんどありません。ところがぬかるんだ状態の地面ではどうでしょうか?一歩踏み出すたびに地面の状況が変わってしまいます。ボードの上を歩くときも同じです。

一歩踏み出すたびにボードの傾きやスピードが変わって、バランスを上手く取りながら歩く必要があります。

スムーズなウォーキングをマスターしようと思ったら、まずは一歩を確実に踏み出せるようになることが大切です。一歩だけ踏み出した状態というのは、脚を交差したままボードの上に立っている状態でとても不安定ですが、この不安定な状態のままライディングすることに慣れてみましょう。脚をクロスしたまま重心を前に傾ければスピードは上がります。逆に後ろに体重を載せれば安定した状態でライディングできます。クロスしたままの脚でしばらくライディングすることができるようになったら、落ち着いた状態で2歩目を踏み出すことができるようになります。勢いで2歩踏み出すよりも、落ち着いて一歩踏み出す。慣れてきたらもう一歩踏み出す。この繰り返しが安定したクロスステップではとても重要になってきます。

歩き出すタイミング

ウォーキングは歩き始めるタイミングも重要です。タイミングを外してから歩き出すと失速したり、波の力に負けてワイプアウトすることになります。タイミングが合えば歩きやすいポジションを簡単に見つけることができます。スクールに来ていただくお客様でウォーキングで行き詰まっている方のほとんどは、かなり遅いタイミングで歩き始めようとします。実はウォーキングをスタートする最も適切なタイミングは、ボトムターンの直後にやってきます。自分が想像しているよりももっと波のほれた部分を歩いて行くと、すんなりノーズまで行けるようになることもあります。

ウォーキングになれないうちは、ボトムターンが終わってしばらくライディングしたあとに歩こうとしますが、それでは遅すぎることがほとんどなのです。もしタイミングを逃したと感じたら、歩きやすいタイミングを自分で作ることも大切です。クロスステップに適したポジションを見つけるためにカットバックやボトムターンでボードを理想的なポジションに移動させることが必要になってきます。もしどうしてもタイミングがわからない場合は、もう一度ボトムターン~カットバックの動きを見なおしてみるといいかもしれません。

きれいに歩ければノーズライディングも簡単になる

クロスステップがきれいに出来るようになると、憧れのノーズライディングまでもう一歩です。

ただし、クロスステップもハングファイブもハングテンも、すべてのテクニックは波に長く乗り続けるためのテクニックだということを忘れないようにしてください。ノーズライディングが目的になってしまうと、忙しいサーフィンになってしまいがちです。優雅なクラシカルサーフィンは、決して焦らず、落ち着いて波に乗ってこそスタイリッシュになります。少ないアクションでスピードをコントロールするウォーキングは、文字通りスタイリッシュなサーフィンの第一歩だと言えるのかもしれませんね。

PAGE
TOP